オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「話が違う!パートの仕事 その1」

f:id:yoisyotto:20170221210615j:plain

今まで、色々なパートの仕事に応募して来たが、求人票の仕事内容や条件と違っているのが数多くあった。その中でも、話が大幅に違ったので最速で辞めた会社がある。或る大手電機メーカーの下請けの仕事だった。面接はその会社の40代の若い男性社長1人で、何でも聴いてくれというので、仕事の内容について色々と聴いた。

終業時間は午後4時ということで、それが第一条件だったので何度も確認したら、「きっぱりとその時間になったら終わるし、残業はありません!」と言う。さらに「ウチの会社は大手電機メーカーの下請けなので、能率よりも正確さや安全性を重視しているので、急がせて仕事をやらせることもなく、実にゆったりとした職場です。アハハハ…」と笑って言った。

その場ですぐ採用が決まり、数日後にその職場で働き始めたが、驚いたのは周りが30~50代くらいの女性ばかりで、男性が自分1人だったことだ。それは求人票では分からなかったし、面接のときに社長も何も言わなかった。仕事内容は、数多くの棚に置いてある色々な細かい電気部品を、注文書に書いてある記号と番号と数量を確認して、集荷台車に集める作業だ。

それを少しでも早く覚えようと頑張ってやっていたが、昼近くになると集荷したものを運ぶ車が来るというので、工場内は急にあわただしくなり、職場の女性達は忙しく走りまわり、責任者の60代くらいのオバサンは自分に「まだ、これしかやっていないのかー!」とすごい形相で怒鳴るわで、「能率よりも正確さや安全性、そして、ゆったりとした職場はいったい、どこ?」と思っていた。

責任者のオバサンにはずっと怒鳴られっぱなしで、「邪魔臭いから、私のそばに来るな!」とか言われて散々だった。来るなと言われても、商品を集めていたらそのオバサンのそばにたまたま行っただけで、分からないことだらけだったので何度か聴いただけだった。そして、後で「ちょっと来い!」と呼ばれて、集荷台車に積んである色んな商品の確認をするから、各商品に貼ってある「A-1」とか「S-15}とか書いてあるシールを、1つずつ順に読めと言う。

これが、もう最初から軍隊の鬼軍曹という感じで、「次ー!なにー!聞こえない!違うー!もう1回!」とずっと大声で怒鳴るので、これは大変なところに来たなと思っていた。その内、「T-6」というシールがあったので「ティーの6」と言うと、すぐさま「違う!テーだ!」と言う。「普通、テーとは言わないよな」と思ったが、それでも何度も「テ~」と言っている自分がなにか可笑しくて、笑いをこらえるのに必死だった。

そして午後3時の休憩のときに、後1時間で仕事が終わると思いホッとして、向かいにいたパートの女性に「もうすぐで、終わりですね」と言うと、怪訝な顔をして「いや、今日も午後6時頃までですよ。もしかしたら、また1時間くらい残業になるかもしれない」と言うので唖然とした。

「全然、話が違う…」と自分が言うと、上の人にすぐ話してくれたようで、仕事が始まったらすぐ上司らしい男性が来て「それなら、もう帰ってもいいです」と言うので、「それじゃ、帰ります」と言ってサッサと帰って来た。その後すぐ、電話で話が違うので辞めるということを伝えた。

後で、面接した社長さんから謝りの電話が来て、「少し話が食い違ってしまったんですねえ」と言っていたが、少しどころかえらく食い違っていた。ただ、なにか憎めない人で、最後は「また何かご縁がありましたら、よろしくお願いします」と言っていた。なにも分からない初日なのに、いきなり責任者のオバサンにあんなにせかされて怒鳴られるような職場は、還暦過ぎのジイサンにはちょっとキツイと思ったので、辞めてホッとしていた。