オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「確定申告に行ってきた!」

f:id:yoisyotto:20171206205819j:plain

家を8時30分に出て、札幌東税務署に8時50分に着いた。すでに臨時駐車場は満員の表示になっていたが、入って停めることができた。10分前なのに今回は入口に誰も並んでいなく、中に入ると建築や不動産関係のいつものコーナーにまず行った。リフォームローンの申請があるからだ。15人ほど待合室の椅子に座って待っていたが、自分が中に呼ばれるまで40分ほどかかかった。

呼ばれてからいつもの用紙を1枚出したが、対応しているオジサン達は税務署のOBさんらしく、どうも今までの対応とは違っていてよく分かっていないようで色々と考えていたが、最後に数字を二か所に書いてくれて、関係ないことを色々と説明した。去年までは、数字を入れてこの書類は終わりだったと言うと、「それではいいですよ」と終わった。

それから、やっと色々と用意した書類をパソコンに打ち込みということになるのだけど、これは2種類あって「パソコン操作ができる方」と、「パソコン操作もすべて職員にやってもらう方」というのがあって、数年前に1度だけ「パソコン操作ができる方」を選んでひどい目にあった。

自分が持って来た色々な書類を見ながら、自分1人でパソコンの画面に表示された確定申告の専用ソフトに打ち込むのだが、これがどうやっていいのかサッパリ分からない。どこにどの数字や項目を打ち込んだり、数字を打ち込むのか、まったく分からない。或る程度、パソコンは自宅で結構いじっていて、マイクロソフトのエクセル資格も持っているが、こんな専用ソフトは税務署の人やそういう系統の人でないと分かるはずがない。

現に、「パソコン操作をすべてやってもらう方」の担当者もパソコン操作に慣れているようなアルバイトがほとんどで、事前に指導を受けているにも関わらず、打ち込み中に何度も分からなくて、巡回している税務署の職員にやり方を聴くというのが当たり前になっている。今回も、自分の担当者は4回も聴いていた。

それと、今回は、去年と打ち込みの画面の様式が一部変更になっていたようで、巡回してきた税務署の人も「面倒になったんですね」と言っていた。それなのに、1人でパソコンに打ち込むことなど出来るわけがない。よほど簡単な申告や、書類が極端に少なくて、毎年同じことを繰り返し打つだけなら出来るかもしれないが、そんな人はあまりいないようだ。だから、1人でパソコンを打つ方は、いつも全然待っている人がいない。国税庁の電子申告・納税システム「e-Tax」というのがあって、自宅で簡単に確定申告というのがあるが、本当に普及させようと思っているのかと思う。

とにかく、役所のこの手の手続きは難しすぎて、OA化などにまったくなっていないように思う。自分が毎年やっている難病医療申請も、揃える書類も多く、毎年のように書式も少しずつ変わるので、保健所に申請に来ている中高齢者が「もう、わけが分からない!」と涙ながらに保健所の担当者に言っていることがあった。担当者は慣れたもので、「私達 も毎回様式が変わるんで困ってるんです。でも大丈夫、私達が全部やりますから」と言ってやってくれるので、なんとかやれているという状況だ。

北欧などではこのような書類は、面倒な手続きは一切なくて書類申請も簡単に自宅のパソコンでやれて、その内容も自宅のパソコンで簡単に見れる、という話を昔聴いたことがあった。日本は近代国家なのかどうなのかしらないが、どこが近代国家なのかといつも思う。中高齢者には、とにかくなんでも難しすぎる。役所内の手続きの都合ばかり考えていて、それを利用するために申請する肝心の国民のことを一切考えていないように思う。

全て終わったのが昼の12時45分で、約4時間も手続きにかかった。もう、疲れ果てて、コロナウィルスどころじゃなかった。確定申告に来ていた人は中高齢者が8割くらいで、みんな2時間半から3時間は待合室でジッとイスに座ってクタクタだ。中には赤ん坊を抱っこしている女性も2人いたが、気の毒だった。こんな状況を政府のお偉方は知っているのか 思うが、知ろうともしないだろうし、自分達には関係ないと思っているのだろう。また、来年も再来年もずっと行かなければならない。毎年、確定申告の時期が近づくと、「あー、またかあ」と憂鬱になる。