オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「栗山町のラーメン店 “大鵬”」

f:id:yoisyotto:20200214061038j:plain

みそネギガーリック 1,000円(税込)

栗山町の市街ではなく、外れの方に“大鵬”がある。この店の先を少し行くと、野球の日本ハム監督である栗山監督の住居と野球展示館と私営球場がある。この店の向かいは栗山公園で、桜の時期には満開になって多くの人が集まる。このラーメン店には、同町出身のお笑い女芸人“バービー”が高校生のときに、部活の練習が終わるといつも食べに来ていたとテレビで話していた。ただ、この店はそんな芸能人や有名人などの色紙を飾るということには興味がないらしく、そんなようなのが貼ってあるのを見たことがない。

土日祝日は、客が入口の外に行列を作っていて、札幌方面からも来ているようだ。50代と70代くらいと思える、親子と思える男2人が厨房でラーメンを作っているが、とにかく最強のコンビで要領がよく手際がよい。ラーメン作りは分業制になっているようで、それをやりながら2人とも絶えず周りを見渡していて、アルバイトの店員に「そこのテーブルの水がない」とか「片付けて」とかテキパキと指示し、並んで待っている次の客にも「何にしますか?」と聴いている。

特に驚くのは50代と思える息子で、伝票などは一切無く、客の頼んだものはすべて頭の中に入っていて、精算時にすぐ料金を言う。自分達も途中でメニューを何回か変更したことがあったが、それも間違いなかった。満員のときも、精算時に次々と平然と料金を言う。この人間電子計算機(古いか?)に、みんな驚いている。

肝心のラーメンだが、自分と女房と次男坊夫婦が頼むのはすべて「ネギ味噌ガーリック」だ。ネギは地元産のもので、シャキシャキとした時期にだけ扱っているようだが、これが実に美味い。ニンニクのフレークもかけているので、とにかく濃厚だ。次男坊夫婦は、今でも「ここのラーメンが、今まで食べたラーメンの中で一番美味しい」と言っている。食べ終わった後も、「美味かったあ!}と満足するラーメンだ。味が濃厚なので、アッサリ系の人はダメかも。

ということで昨日、仕事が休みだったので久しぶりに大鵬に行って来た。開店は昼11時からということだったが、15分前に着いてしまったので斜め向かいのホーマックで時間を潰そうと思っていたら、なんと10時45分なのに開店していて、客も何人か食べ終わって出てきているではないか! 中に入ると、10人くらいの客がすでにいた。それから、いつもの「みそネギガーリック」を頼んで、11時に食べ終わって(早食い!)店を出ようとすると、外までズラーっと10人ほどの客が並んで待っていた。平日なのに、しかも開店前なのに、恐るべし大鵬!まだまだ勢いは衰えてはいなかった。