オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「近くのスープカレー屋“チュッタ”」

f:id:yoisyotto:20200202062914j:plain

チュッタ・チキンスープ・イン 1210円(税込) 昼はドリンク付。

スープカレーの店は、江別市内の2店舗と札幌市内の1店舗の計3店舗に食べに行ったことがあるが、最初に食べたのは手稲駅近くにある店舗だった。友人に誘われて入り、「美味しいでしょ?」と聴かれて、「美味しい」と答えたが、本当はよく分からなかった。(笑) なにしろ濃厚なカレーが好きなのに、ジャブジャブのカレー味の“スープ”に野菜がゴロゴロと入っていたので、「なんだ、これは?」と思っていた。

普通のカレーライスが食べたいけど、自分好みの濃厚なカレーの店がどこにあるか分からないので、なんとなく近くのスープカレー店に食べに行っている内に、段々と美味しいと思うようになった。本当は糖尿病の自分にはカレーライスはかなり良くない食べ物らしいが、それでも野菜がたくさん入っているし、スープカレーなので普通のカレーのルーよりは薄いからいいだろうと、勝手にいい方に解釈している。本当のところは、どうなのだろうか。

この店は、道内は江別に1店舗、札幌市内に4店舗、道外では新潟に1店舗あるそうだ。自分がいつも食べるのは“チュッタ・チキン・スープイン”で、大きいチキンの足が入っていて、具の野菜がたくさん入っている。この鶏肉は骨も取ってあって食べやすいし、とても美味しい。それをほぐしてカレースープと一緒に食べると、これまた美味しい。ご飯は普通の米と玄米の2種類から選べるが、少しでも体に良いだろうと思って玄米にしている。

辛さは色々と選べるが、自分は“普通の辛さ”というのにしている。それでも、歳を取ってノドの筋肉やら気管が狭くなっているせいなのか、最初にスープをすすると必ずむせる。辛さに弱いこともあるのかもしれない。スープをすすると辛くて我慢できず、その都度、水をチビチビ飲んでは食べている。いつも、スプーンで玄米をすくってスープに浸して食べているが、その時に小さくちぎった野菜やバラバラにほぐしたチキンも一緒に食べると、さらに美味しい。この店のスープカレーは癖になる。ただ、価格が少し高めなのが難だが、野菜やチキンのヴォリュームを考えると仕方ないか。