オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「恐怖のホワイトアウト」

f:id:yoisyotto:20191227065757j:plain
数年前の冬の吹雪の日に、女房が自宅から20分ほど離れた郊外の職場に通っていたが、仕事が終わって帰宅するのに周りが畑だらけの農道を走っていたら、突然ホワイトアウトに襲われたという。あっという間に周りが真っ白になって前後左右まったく見えなくなり、しかも路肩に車が落ちて動かなくなってしまい、すぐJAFを電話で呼んだが到着までに時間がかなりかかると言われ、車内でどうしようかと恐怖におびえていたそうだ。

そうして数分間いたら、突然さっと雪が止んで視界が開けたので辺りを見渡すと一軒の農家みたいな家があったので、歩いて行って助けを求めたら家の人がすぐトラクターを出してくれ、車を路肩から車道に引き上げてくれたそうだ。後日、お礼にとお菓子を買って持って行ったそうだが、とにかく、ホワイトアウトとは想像を絶する恐ろしいものだと、今でも言っている。

自分の職場のHさんも昔、仕事先から会社に戻る途中、吹雪きで国道が混みあっていたので空いている周りが畑ばかりの農道を走ったら、ホワイトアウトに襲われたそうだ。しかも、少し周りが見えるようになって来ても、辺り一面が吹雪いた雪で平らになっていて道路がどこなのかまったく分からず勘を頼りに走って帰ってきたが、よく道を外れて路肩に落ちずに無事に帰って来れたものだと言っていた。その途中で路肩に落ちた車を1台見たが、自分のことで精一杯で助ける余裕などなかったそうだ。あれから比べたら、多少の吹雪など苦ではないと言っている。

自分も昔、冬の吹雪きの日に家族で田舎の実家に行くので国道を走っていたが、あまりにも渋滞しているので裏道の農道に抜けたが、これがさらにひどい吹雪と積雪でホワイトアウトになる寸前だった。これはまずいと思ってまた国道に戻ろうと思ったら、ずっと先を走っていた乗用車が路肩にストンと落ちたのが見えた。

少し躊躇したがこちらの方も危うい状況だったので、とにかくここを早く立ち去らなければ大変なことになると思い、なんとか引き返して国道に戻ることができた。翌日のニュースで、「乗用車が路肩に落ちて、乗っていた人はそのまま雪に埋もれて凍死」という記事が出たらどうしようかと思ったが、下手をするとこちらの方がそうなっていたので、人のことなどかまっていられなかった。Hさんなら分かってくれるだろう。

在職中は、仕事で江別から道北まで片道5時間かけて何度も走っていたが、その時には大きな町がほとんどなくて交通量も少なく、信号もあまりない275号線を主に走っていたが冬になると大変だった。何度もホワイトアウトにあい、かすかに両脇の道路端の上に見える道路幅を示す矢印の標識を頼りに、少しずつノロノロと走っていたことが何度もあった。

しかし、何度もホワイトアウトを経験していると、このホワイトアウトは長時間続くことはなくて、数分待っていると突然サッと視界が開けてくるのが分かって来て、その時に急いでその場所から離れることを覚えた。それが分かってからは、それほど恐れることもなくなった。

ただ、それでも怖かったのは後続車に追突されることだ。ホワイトアウトの時は「その場に停まっていると危険だ」と聞いたことがあり、昔、マイクロバスの最前列の席に座って乗っていた時に、やはり吹雪の日で突然ホワイトアウトになり、目の前に停まっていた乗用車に追突したことがあった。ほんの1mほど手前になって突然、前に停まっている車が見えて、運転手が急ブレーキを踏んだが間に合わなくて追突した。

やっぱり停まっていることは危険だと思ったが、ただ実際にノロノロ運転でも走り続けることはとても勇気がいる。とにかく前後左右まったく見えないのだから、ゆっくりでも走り続けることは、前に停まっている車に追突したり、対向車と正面衝突したり、道路から外れて路肩の外に落ちる可能性もある。それを考えると、なかなか前には進めず、その場に停まっている人が大半だろう。

吹雪の時には、周りに建物がほとんどない農道などの道を走らず、交通量が多くて周りに建物も建っている国道や道道などの大きな道路を走ると、まずホワイトアウトに会うことはなく安全だろう。ホワイトアウトは太陽の位置すらも分からなくなり、一切の方向が識別できなくなるのでかなり危険で、恐怖心も半端なものではない。パニック状態になること、間違いなしだ。ちなみに、ホワイトアウトは雪山での発生が多いようだが、このように平地でもひんぱんに起きる。今まで、よく何ともなく無事だったと思う。

ホワイトアウトは雪だけだと思っていたら、霧のホワイトアウトもあるそうだ。それで、以前DVDビデオを借りて観た「ミスト」という洋画を思い出した。ミストとは、霧のことだ。原作が、あのスティーヴン・キングなので、怖いのは想像通りだったが、実に後味の悪い映画だった。エンディングがホワイトアウトのような霧で、その霧がサッと晴れた時に衝撃の結末が待っていて、「あーあ、もう少し待っていたらなあ」とため息をついた。ホワイトアウトは、なにもかも覆い隠してしまうのだ。