オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「サスペンス映画 CIA編」

    f:id:yoisyotto:20191010113600p:plain   f:id:yoisyotto:20191010113622p:plain   f:id:yoisyotto:20191010113652p:plain
サスペンス映画はどこまでがその範囲の中なのかよく分からないが、とにかく大好きだ。先の「オリエント急行殺人事件」もそうだが、気に入った作品は何度観ても面白くて、画面に惹きこまれる。「オリエント急行殺人事件」同様に何度も観ていて、更にこれからも観るであろうという映画をあげてみたい。今回は、CIAを舞台にしたサスペンス映画をあげてみた。前回も書いたが、歳のせいか何度も観ても忘れているところが多くあって、何度でもまた楽しめるので或る意味ではいいことなのかもしれない。

「コンドル」は1975年の作品で少し古い映画だが、ロバート・レッドフォードとフェイ・ダナウェイが出演している。内容はCIA内部の陰謀というサスペンスだが、最初のシーンがとにかく衝撃的で、何度見てもドキドキしてしまう。主人公のロバート・レッドフォードが、いい味を出している。殺し屋のリーダーも不気味な雰囲気を醸し出していて、それに扮する役者も上手だ。

「陰謀のセオリ―」は1997年の作品で、メル・ギブソンとジュリア・ロバーツが出演している。主演のメル・ギブソンは、タクシーの運転手で陽気な妄想癖のある変人という役で、乗って来る客に色々な世界の陰謀説を聴かせていたが、次第にその話が段々と真実味を帯びて来て、展開がとんでもない方向に広がって行く。エンディングが良くて、こういうエンディングは、後味が良くて気持ちもすっきりしていい。

「ジェイソン・ボーン」シリーズは今まで4作あるが、最初の「ボーン・アイデンティティー」は2002年の作品だ。CIA内部の或る計画によって人間兵器にされた主人公「ジェイソン・ボーン」の話だ。男の子なら誰でも小さい頃は超人的な力を持つ者に憧れるが、そんな気持ちを思い起こさせるのがジェイソン・ボーンで、その無敵の強さにワクワクして、自分がボーンになったような気持ちになったりする。

話の展開もスピード感があふれていて、無駄がないので最後まで画面にくぎ付けになる。いい映画は、無駄なシーンがない。大好きな映画で、とうとうシリーズ4巻セットのブルーレイディスクを買ってしまった。ボーン役のマット・ディモンがはまり役で、実にいい。

というのが、CIAを題材にしたサスペンス映画のマイ・ベストだが、忘れているのもあると思うし、知らない映画もたくさんあると思うので、もしあったら是非観てみたいと 思う。