オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「オリエント急行殺人事件を観た!」

f:id:yoisyotto:20191007162727p:plain
昨晩、レンタルビデオでリメイク版の「オリエント急行殺人事件」を観た。最初に製作されたのはテレビでも何回かやっていたのを観たし、レンタルビデオを借りても観たので、計5回くらいは観てるかもしれない。このリメイクされたものは映像が素晴らしくキレイで、これも面白くて今回で2回観たことになる。ブルーレイディスク版を借りて観た方が絶対に良くて、とにかく画像も素晴らしい。同じアガサクリスティの原作の「ナイル殺人事件」も、同じスタッフでリメイクが決定しているそうだが、これも楽しみだ。

そういえば、この最初の映画が初公開された時に、自分は学生でクラスの仲間数人と書店に居たが、その時に仲間の一人が「俺、あの映画を観るのをすごく楽しみにしてるんだよなあ!」と言った。すると、もう一人が「あれだろ? 〇〇が犯人だという映画だろ」と言ったので、周りの仲間が固まった。楽しみにしていると言った奴が「それを言ったらダメだろ!せっかく誰が犯人か楽しみしてたのに~!」と泣きそうな顔をしていた。みんなも、非常に有名なミステリー小説なので何となく犯人は知っていたので、「あ~あ、言っちゃったよ」という感じだったが、犯人を言ってしまった仲間はことの重大さに気づいたようで、真っ赤な顔をしていた。

犯人をばらされた同級生はその後映画を観に行った時に、ミステリー映画の犯人が分かった時のあの衝撃と醍醐味を堪能することもなく、「あの、バカヤロー!」と犯人をばらした同級生のことを恨むのだろう。もしかしたら、この後もこの映画を観る度にそれを思いだしては、口惜しい気持ちになるのかもしれない。それくらい、ネタバラシをした者の罪は重たい。自分は、何となくこの犯人が誰かということを以前から耳にして分かっていたが、もしそれを知らずにこの映画を観ていたら、その衝撃はかなりのものだっただろう。それくらいこの映画は、今までのミステリーの犯人とは異なるものがあった。犯人をばらされた同級生には、ただお気の毒としか言いようがない。

アガサクリスティ原作のNHKテレビ「名探偵ポアロ」シリーズもずっと観ていたが、まあまあ面白かった。声の吹き替えでポアロを25年間もやっていた「熊倉一雄」さんは、オリジナルの俳優以上に原作のポアロのイメージに声がピッタリという評判だった。確かに、オリジナルの俳優の声はキーが高くて、あのポアロのイメージとは違う感じがする。そういえば、これもNHKでやっていた「刑事コロンボ」の声優も、オリジナルの俳優以上に役柄にピッタリの声で定評があった。

またもNHKのアガサクリスティ原作の「ミス・マープル」シリーズもずっと観ていたが、これもまあまあ面白かった。それにしても、よくこれだけ多くの作品を書いて、しかも奇抜なストーリーを毎回よく考えつくなあと感心する。アガサ・クリスティの発想には驚いてしまう。さらにアガサ・クリスティが女性ということでも。

年齢と共に、以前読んだ本や観た映画の内容を結構忘れていて、何回も同じ映画を観てもシーンの断片しか覚えていないことがよくある。ボケて来たのかと思ったりもするが、まあ新たな気持ちで何度も観れて毎回楽しめるのだから、案外いいことなのかもしれない。