オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「喫茶店、空帰り」

 f:id:yoisyotto:20191001194323p:plain   f:id:yoisyotto:20191001194355j:plain    f:id:yoisyotto:20191001194950j:plain

昨日、喫茶店「一軒茶屋」に行ったが、店主が暇だと言っていた平日の午後2時にもかかわらず、駐車場は満杯で4~5台の車が停まっていた。何でと思ったが、もしかしたら今月号の月刊誌のトップに掲載されたからかと思った。テレビや雑誌で紹介された店は、それからすぐ満員になることが多いからだ。札幌市内からも、1時間以上かかっても、平気で食べにやって来る人が多い。

午後2時にそんな状態だったので、少し先の由仁ガーデンの広い駐車場で30分ほど時間を潰してから、喫茶店に戻った。すると、店主らしい人が店の道路脇に看板を設置している姿が見えた。急いで、店主と話そうと思って行ったが店主はすぐ坂の上の店に戻って行った。そして、その看板を見たら「今日の料理のオーダーは終わりました」というようなことが書いてあり、午後3時閉店だったので、これはもう今から行っても客はまだいるようだし、店主と話す機会は無いと思ってあきらめて帰って来た。

店主に相談してスピーカーユニットを決めないと、スピーカーボックスのユニットの穴も空けられないので組立てることも出来ず参ったなあと思ったが、仕方ないからもう一度自分で調べてユニットを決めてしまおうと思い、家に帰ってから色々と調べてみた。結局、当初考えていた「TangBand 10cmフルレンジユニット W4-927SEF」というユニットに決めて、すぐネットで発注した。2個で約12,600円だった。後は、スピーカーボックスにユニットを入れる穴を空けて、後はボックスを組み立てるだけだ。そして塗装して、ユニットを取り付けてそれで、第4作目のスピーカーは決定だ。

この第4作目の後のスピーカーは、バスレフ式の最後として「作りやすい高音質スピーカー 小澤隆久著」に書いてあった”ワイドレンジタイプの秀作Alpair10を使ったバスレフ型スピーカー”を作ろうと思っている。高さが46センチある。ユニットは2個で約3万円ほどするが、バスレフの集大成にしようと思う。

そしてそのバスレフ式のを作り終わると、今度は喫茶店の店主から勧められた本「バックロードホーン・スピーカーをつくる! 音楽之友社」に掲載されている市販のバックロードホーンの組立てキットを買って作ってみようと思う。そして、だいたいの構造を見てから、その次は合板を切り出したものから一から自分で製作しようと考えている。

こうしてスピーカー製作をして段々とグレードアップして行くと、今度は真空管アンプもいいのが欲しくなって来る。もちろん安価なものだが、ただ機械的なことはまったく苦手なので簡単な組み立て程度なら出来るかもしれないが、配線などになると無理かと思うが挑戦してみたい気持ちもある。真空管アンプも自作で、スピーカーも自作ならちょっとすごいことになるのだが、そこまではまだ考えない方が良さそうだ。今はスピーカー作りに集中しよう。