オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「有名になった、オフコース」

f:id:yoisyotto:20190927091201p:plain
数日前に由仁町の喫茶店「一軒茶屋」に行った時に、自分が来厚生のときによく聴いたラジオの深夜番組「オールナイトニッポン」の、人気パーソナリティ「カメちゃん」こと亀渕昭信さん(その後、ニッポン放送の社長になった)が、小さい頃に由仁町に数年間住んでいたということを思い出した。

こんな小さ な町に居たことがあったんだと思った。そして、カメちゃんが当時、まだ無名だったオフコースに言った言葉も、同時に思い出した。あの時は、確か年末のパーティ形式で、色々なフォークミュージシャンを集めての生放送だった。番組の途中に、そのミュージシャン達の生演奏を入れていて、杉田次郎が歌う前に、当時彼の前座で歌っていたオフコースという2人組のミュージシャンを紹介した。

そして、この2人が「でももう花はいらない」と「僕の贈りもの」の2曲を歌ったのだが、それらの曲と歌声にすごく魅かれてしまった。特に「でももう花はいらない」は大好きになり、当時姉から譲り受けた練習用クラシックギターで、なんとか似たように弾きたいとコピーしていた。この放送をカセットに録音していたからだ。

その2曲をオフコースが歌い終わったとき、カメちゃんが「あなた達はいずれ、有名なミュージシャンになるよ」と言った。オフコースが、まだ前座でまったくの無名だったのに。この時の放送をラジカセで全部録音してあり、後で何度も聴いたので間違いない。しかし、かなり後になってこの時の歌以外の部分を消してしまったので、カメちゃんのその時の言葉も消えてしまったが、流石に先見の明があったと言うしかない。 

この時のオフコースの印象は、とにかく「暗い」の一言だった。頼りない自分でさえが、守ってあげたいと思うくらいで、声もか細くて元気がなかった。それから、自分が東京の大学に行っていた時のことだが、たまたま下宿で聴いていたFM東京のスタジオライブでオフコースが出ていた。

なんとメンバーが3人も増えていて、増えたメンバーの一人が長島茂雄の引退試合の挨拶の真似をしたりして、ひんぱんにメンバーの笑い声が飛び交っていた。他人事ながら、「元気になって良かったなあ!」と思った。それくらい、暗かった。