オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「群馬・長野・山梨方面への旅行 その3」

f:id:yoisyotto:20190923071345j:plain                         
《何故、このツアーになったのか?》 
この旅行が決まってから、「そういえば、どうして今回の旅行はこのツアーにしたんだったかな?」と思って、段々とその時のことを思い出してきた。本当は、最初は4月24日に「福岡・大分・熊本・宮崎・長崎 九州5県ぐるり周遊いいとこどり四日間」というツアーに行く予定だったが、あの4月14日の「熊本地震」が起きてツアーが中止になった。訪れる予定だった熊本城も、無残にも一部が崩壊してしまった。女房などはそれを見て「何百年も壊れないでいたのに、どうして私たちが行くという時に壊れるんだ!」と怒っていたが、それはひとえに女房の精進が悪いということに尽きるだろう。それにしても被災に会った方達は、大変な思いをした。いつか、復興したら訪れてみたいと思う。

その後、女房が「代わりにいいツアーを見つけた!」と言って、5月10日発の「北海道新幹線で行く 鬼怒川温泉・草津温泉 癒しと歴史の三日間」というツアーに行くことに決めた。新しく開通した北海道新幹線に乗って、窓から景色を眺めながら駅弁を食べたりおやつをつまんだりということを考えて楽しみにしていた。そしたら、その数日後の朝刊折り込みに、違う旅行代理店なのに今回決めたツアーと内容が全く同じツアーが載っていたので驚き、女房に「同じツアーを色々な旅行代理店で扱っているんだな」と言いながらそのパンフレットを渡したら、しばらく黙って見ていた。 

少し経ってから女房が、「お父さん!これがいい、これが!」と大きな声で、もっといいツアーがあると言う。「料金が前のより安いし、これがいい!お父さんの好きな真田丸の城も見れるからいいじゃん!私はこれがいい!」と何度も興奮して言うので、女房は旅費のことを考えて少しでも安いツアーにしようと考え、しかも「お父さんの好きな真田丸の城」と、俺のことを考えてくれたのかと思った。それで、「分かった。それでいい」と言うと、女房は「それじゃ、私は仕事に行くから早く今のツアーをキャンセルして、このツアーを急いで申し込んだ方がいいよ」と言うので、その後すぐ予約していたツアーをキャンセルして、新たなツアーを申し込んだ。

そして、それから少し経ってから改めてゆっくりと今回の新たなツアーパンフレットを見てみた。女房が気にかけてくれた真田丸の「上田城」は行く。そして北アルプスの「白馬」に泊り、そして「上高地」を観て、そして「富士山」の五合目までバスで登る…。「何だこりゃ、山ばっかりじゃないか!」。女房は少し前から登山をやり始めていたので、やられたと思った。

「ヨーシ、こうなったら旅行中は山を見て例え感動しても興味ない振りをして、ずっとつまらなそうな顔をしてやろう」と思っていたのだが、実際に行って見てみると想像以上の山の壮大さに、思わず感嘆の声を上げてしまった。すると女房はすかさず「やっぱり、来て良かったしょ?」と得意になって言うので、「お前にダマされて、こんな見たくもない山ばっかりのところに連れて来られた」と何度も言ったが、実は見て良かったなあと思っていた。

《女房の自撮り棒》
女房は、バスの中から夢中で外の山の景色をスマホで盛んに写していたが、バスから降りると今度は自分の姿を写すことに夢中だ。それで、今までも毎回写せとうるさいので、今回は自分1人で写せるように中国人や韓国人が旅行でよく使っている「自撮り棒」を買って与えた。今はどこの観光地にも中国人がかなりいるようで、女房がその中に混じってやれば恥ずかしくないだろうと思っていたが、軽井沢でも富士山でも上高地でも中国人らしい人はたくさんいたが、自撮り棒で写しているような人は見かけなかった。

それで嫁も最初は躊躇していたが上高地でとうとう使ってみるというので、それぞれ好きなことをやろうと別れて自分もブラブラしていたが、その内、女房が本当に自撮り棒で写しているのか気になり、見つからないようにこっそりと捜していたら、川岸で自撮り棒をかざして何度もポーズを取っては色々な表情をして自分を写している変なオバサンを見つけた。女房だった。それを陰から隠れてコッソリ見ていたが、「しかし、本当にやってるよ。よくやるよなあ」と吹き出してしまった。周りを見てみると中国人のような人達もたくさん居たが、誰一人、自撮り棒で写している人はいなかった。

《誰が見たのか?》
自称300歳のバスガイドさんのことで感心したのが、歴史の知識がすごいということ。本人も色々と本を読んで調べていると言っていたので詳しいのだろうけど、仕事で必要なこと以上のことも勉強しているというからすごい。そのガイドさんがツアーの最終日に、いつも通りバスで通る地域の戦国時代の武将の逸話を色々と話していたのだが、一通り終わってから「ただ、私いつも思うんですよねえ…。それは一体、誰が見たのって」。もちろんみんな笑ったが、確かにそうだなと思った。

歴史の逸話のほとんどが、勝者や生き残った者が、後から自分に都合のいいように作り変えたものらしい。明治維新で幕府が倒されて新政府になった時に討幕派の各藩の者が新政府の重要な役職に就いたが、それを見て「討幕の中心になって活躍した人は、ほとんど死んでしまった。だから、今残っている者は実際には中心には居なかった者ばかりだ」と言った人がいたそうだが、いつの時代でもそうなのだろう。

というようなことも、普段はそれほど歴史が好きということでもないのでほとんど考えることがないが、本州を旅行すると史跡だらけなので、そういう雰囲気になる。まして、本やテレビで観た史跡や建造物などがあると、「本当にここに有ったんだ!ここに居たんだ!」と感慨深くなる。以前、坂本龍馬の定宿の「寺田屋」も観に行ったが、ここに龍馬がいたのかと思うと何とも言えない気持ちになり、何度もその部屋の柱を触った。急に近い存在になった。まだまだ、日本国内を旅して歴史も知りたいと思う。

今回の記事で、過去の国内外の旅行は終わりだ。この後の旅行はいつになるか全く分からないし、予定もない。もしかしたら、あの世に旅立つ時なのかもしれない。いつ逝ってもおかしくない歳になった。