オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「群馬・長野・山梨県方面への旅行 その2」

f:id:yoisyotto:20190921053121j:plain  f:id:yoisyotto:20190921053147j:plain  f:id:yoisyotto:20190921053227j:plain

この旅行では、色々なことがあったのでそれを書いてみた。3日目に泊った「石和温泉」だが、この「石和」が何度聴いても覚えられない。「いさわ」と読むが、これを「何と読むか分かるか?」と友人にメールを出して聴いてみたら、すぐ「いさわ温泉だろ」と返信が来た。何で分かったと再度メールしたら、「だって昔、東京で待ち合わせして、そこから一緒にこの温泉に2人で行ったじゃないか」とのこと。「え?」と思って一生懸命思いだそうとしたが、まったく覚えていない。ショックだったが、時々そういう風にところどころの記憶が消えていることがある。

やはり20代の中頃に、違う友人と自家用車で北海道から京都まで行って清水寺を訪れた時に、それまで初めてここに来たと思っていたのに、水を飲む場所があってヒシャクを口につけて水を一口飲んだ瞬間、突然記憶が甦った。「俺、高校の修学旅行の時に、ここに来たわ!」。同じように、ヒシャクで水を飲んだことを思い出した。ちなみに、その友人は高校の時の同級生だったが、喫煙がバレて停学になっていて修学旅行には来ていなかった。

最終日に山梨県の「石和温泉」のホテルを出発して、すぐ近くのところにある宝石店に連れていかれた。「宝石を研磨する技術は世界一」だという50歳代のいかにも海千山千の商売人という感じの男性に案内されて、付いていった。(連れていかれた) 最初は宝石の原石になる石がたくさん飾られた庭園を案内され、その後に磁気だか放射線だかが出てるという黒いネックレスの説明を受け、そしていよいよショーケースが並び女性店員が5~6名いる店内に連れ込まれた。それまで案内してくれた男性が、ショーケースの内側にいる年配の女性店員に、「詳しい説明をして下さい」と言って入れ替わり、女性店員が黒いネックレスの説明を始めた。良い物とそうでない物の見分け方というのを実際に比較して教えてくれて、いよいよ販売だ。

女性店員が、「普通は大手デパートなどに13.000円+消費税で卸していますが、特別にお客様達には消費税込みで12.000円でお分け致します」と言うや否や、少し横で離れてそれを聴いていた先ほどの男性がいきなりツアー客をかき分けてやって来て、大声で「ちょっと待って下さい、〇〇さん!(女性店員の名前)せっかく北海道からわざわざ来て下さっているんです!ここは思い切って、消費税込みの9.500円にしてあげましょうよ!」と言った。

自分と女房はまさにテレビショッピングを見ているようで、なにか照れ臭さくなって2人とも後ろを向いた。女房が「こんなの、誰も買うわけがないよね」と小声で言っていたら、ツアー客の人達が「オー!」という声を上げて、競って注文受付に殺到していた。女房が「爺さん婆さんが、簡単に詐欺で騙される理由が分ったわ」と言った。自分も「そうだなあ…」と小さな声で言った。

しかし本当のことを言うと、実は自分も女房が一緒にいなければ、あの人達と競うように真っ先に買っていたかもしれない。というのは男性店員が、有名な相撲取りがいつも身に付けていて、「徹子の部屋」にもそれを身に付けて出演していたと言っていたことや、ノーベル賞をもらった何とか先生の考案した磁気測定器?(ちょっと胡散臭かったが)にそのネックレスを近づけると電気がパーっと点いたことや、体にとてもいいと言っていたことや、大手デパートよりかなり安いと言っていたことから、「そんなに、いいものなのかあ…」と段々と思うようになったからだ。自分も、詐欺に真っ先に騙される口かもしれない。

今回のツアーでは、朝晩はホテルの食事付で、昼飯はオプションで別途添乗員さんに注文してドライブインなどでセットメニューをみんなと食べるということだったが、2つのホテルがそれぞれ朝晩セットメニューで、1つのホテルが朝晩とバイキングだった。その中ではバイキングがもちろん一番種類も有るし美味しかったと思うが、ただ、今回のツアーが格安ツアーなのが一番の理由だとは思うが、平均してどれも「美味い」という料理がなくて、魚料理などは全滅だった。

確かに群馬、長野、山梨は山なので仕方ないと思うのだが、それにしても鮮度も悪く魚の種類も訳の分らないようなもので、「信州マス」とポスターでもPRしていたのも刺身で食べたが美味くなかった。本場であるはずの山菜にしても漬物にしても、どれもそれほどでもなかった。そういえば、唯一美味いと感じたのは味噌汁で、ダシが自分好みで美味かった。信州味噌が名産だからなのか。「ほうとう」という鍋料理が出たところがあり、ただ山菜を入れた鍋にうどんを入れたものでカボチャも入るのだが、これがこの地方では客人をもてなす料理だというのだから驚いた。

そんなことで女房と話していたのは、北海道が本州の人達から食べ物が美味いと評判なのは、本州の方の食べ物自体がそれほど美味しいものはなく、有るとしたら京都などの懐石料理とか江戸前寿司とかの手が掛かっている高級料理しかないので、一般の人達は北海道に来ると手軽に美味しいものが食べれるから喜こぶのだろうと。まだ、日本国内は行っていないところばかりだが、恐らくどこで料理を食べてもそういうことだと思う。

自分の居るところの良さが分るには、やはり他のところを知らなければならないということで、それで初めて自分の住んでいるところの良さも悪さもハッキリと分ってくる。美味しいというソフトクリームも食べたが、北海道のソフトクリームの方がずっと美味しいと思った。乳製品も恐らく北海道の方がレベルが高いと思う。だから、北海道の食べ物に憧れてたくさんの観光客が本州からやって来るということが今回の旅行で、よく分かった。

白馬のホテルで、夜8時頃から屋外駐車場で無料の天文ショーがあったので参加した。温度が13℃位だったので浴衣姿は無理らしく、普通の服装の上に持って行った薄手のパーカーを着て行ったが、当初30名ほど居た参加者が寒さのために少しずつホテルに戻っていき、自分と女房も途中で戻った。ショー自体はボランティアだという50代くらいの男性が色々と説明してくれて、大きな望遠鏡2台を交替で覗かせてくれた。月はかなり明るく輝いてまぶしかったが、クレーターまでかなり大きく見えた。

木星は1円玉より小さいサイズしか見えなかったが、丸い惑星の中に2本のグレーの線が入っているのが分った。それらを初めて望遠鏡で見れた。それと、日本の通信衛星の破片が今も地球の周りを猛スピードで周っているのが見えると言われ、実際にその衛星の破片が上空にあるのを見た。結構なスピードで動いていたが、そのスピードがなんと時速28.000キロで1秒間に3キロとか想像もつかない速さで、今も地球を1日に6周もしているそうだ。想像もつかない。

北極星の探し方も教えてくれたのだが、このガイドさん何故かこの時になると急に威張りだして、「北極星がどこにあるのか分る人は常識人!分らない人は非常識人!」と大声で何度も言う。もちろん参加者の全員が分らないので、みんな苦笑いしているだけだった。自分は「まあ、こんな人もいるんだなあ」と思って大して気にしていなかったが、後日バスの中でその時の話が出て、前の席に座っていた高齢の男性が「しかし、あんなことを言われて不愉快だった!」と言うと、周りの人達も「そうだ、そうだ!」と言い出したので、みんな怒っていたのかと思って少し驚いた。

そういえば、天文ショーの前にホテルの受付の若い女性に天文ショーのことを色々と聴いたら、「寒いと言って半分以上の人が途中でホテルに戻ってきます。時間は1時間くらいですが、ガイドさんがちょっと話好きな人でして…。時間をオーバーすることも多々ありますし…」と言いながら、変な含み笑いをしてたのを思い出した。きっとホテルの受付に、「ガイドさんが、少し威張る」とかいう苦情が入っていたりしていたのかもしれない。しかし、「まあ、タダなんだから少しくらいは威張らせてやってもいいじゃないか。タダなんだから」と思った。今どき、無料の催し物はなかなかないだろう。しかも寒い中で。

というような面白いことが色々とあった。画像は左から、上田城の門前、安曇野のわさび農場、善光寺。