オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「洞爺湖温泉に行った」

f:id:yoisyotto:20190910065924j:plain

今から5年前の2014年5月の連休後に、自宅から自家用車で定山渓を通って洞爺湖の「乃の風リゾートホテル」に1泊2日の旅行に行った。旅行は、前回の阿寒サロマ湖のツアー旅行以来4年ぶりだ。予定時間より早くホテルに着いたので、チェックインの時間まで昭和新山を見に行った。シーズンオフなので広い駐車場も閑散としていて、その周りの売店もガラガラで観光客はほとんどいなかった。

すぐ目の前の昭和新山の前で写真を撮り、それから宿泊先のホテルに行った。我々夫婦2人で1泊2食付で、税込みで¥32.300円だった。このホテルのロビーは、受付の右奥が全面ガラスになっていて洞爺湖が間近に見える。ただ、シーズンオフということもあって、館内は閑散として寂しい感じがした。チェックインした後に時間があったので洞爺の町を少し車で走ってみたが、やはり人がほとんど歩いていなかった。これがシーズンになると、溢れるほど観光客が歩いているのだろう。

女房はこのホテルの屋上にある露天風呂がすごく気に入ったと大絶賛で、その夜は2回と翌朝も2回もその露天風呂に入った。その露天風呂からは、洞爺湖がすぐ目の前に見えるという素晴らしいロケーションだ。自分も女房に薦められたので、どんなものかと一応その露天風呂に入ってみたが、「こんなもんか?」と思ってすぐ出たくなった。

それでも、まだ何かいいことがあるのかなと思って我慢して入っていたが、顔や上半身に冷たい風が当たって風邪をひきそうで調子も悪くなってきたので、サッサと出て部屋に戻った。元々自分は温泉は好きではなく、みんなが入っていても入らないということが多かった。ただ最近、温泉が嫌いだという人が他にも居るということが分かり、安心した。あの蒸気のムッとした感じが嫌で、第一何で他人と一緒に風呂に入らなければならないのかと思う。

帰りは山の上のウィンザーホテルを見に行った。2008年に世界中の首脳が集まった、洞爺湖サミットが行われたところだ。山の上に建っているホテルだが、確かにそこからの洞爺湖の眺めは素晴らしい。このサミットの時に出された食材は、もちろん道内各地から選りすぐったものばかりだが、その他にもコーヒーとかパンを提供した飲食店も評判になった。

そのコーヒーを提供したのが、自分の住む江別市にある小さなコーヒー豆の店「ノースライブコーヒー」だ。自分はコーヒーはそれほど好きではないので、ずっとその店のことは知らなかったし興味もなかったがその後、女房に連れられて一度だけこの店に行った。こんな目立たない小さな専門店のコーヒー豆がサミットに使われたとは思えなかったが、大したものだと感心した。

それから支笏湖の方に抜けて北湯沢温泉を通ったが、何もないところに立派な施設が数棟建っていたりして驚きだった。少し道も迷ったりしたが、それもまた時間制限があまりない旅の楽しいところだ。こんなところに、こんなものがあるのかという発見が色々とあって非常に楽しかった。

実際に走ってみないとナビや地図だけでは分からないことがたくさんあるし、ナビも100%頼りになるわけではなくて、正確さは半分くらいだと思っていた方がいい。場所によってはとんでもない回り道を教えることがあり、知っている道路だと同じところをグルグル回ったりしてるのが分かる。またいつか、車で出かけてどこかに泊まってゆっくりするのもいいなあ。画像は、ウィンザーホテルから羊蹄山を背景に撮った。