オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「血死?の覚悟のフランス旅行」

f:id:yoisyotto:20190902094344j:plain
今から13年前の2006年5月8日から5月15日の7泊8日で、1週間のフランス旅行に女房と行った。「モンサンミシェル地区に泊まりたい!パリから世界遺産を訪ねて8日間」というツアー名だった。海外旅行は25歳の時に一人で行ったのと、新婚旅行でも行ったのとで、15年ぶり3回目の海外旅行となった。

海外旅行はこの先行くことがないと思っていたが、急遽行こうと思ったのは、突然の大量の血便と血尿だった。色々な病院で検査をしてもらったが原因が分からず、結局ストレスということで片付けられた。それで、自分はもう死ぬのではないかと真剣に思い、それなら死ぬ前に自分も女房も夢であった海外旅行に、今まで老後のために贅沢はできないと思っていたが、もう自分の老後はないかもしれないと思って、行くことにした。

この旅行に行く前に突然、血便と血尿が止まったが、体調は良くなくて不安いっぱいの旅行だったが、女房が喜んでずっとハイテンションだったのと、旅行の行程自体がかなりハードで、毎晩ホテルに着くと疲れ果ててしまって、ぐっすりと眠った。

観光している間は、体調が良くないので座る場所ばかり探していて、同じツアーの高齢のオジサンやオバサン達とイスの取り合いになっていた。美術館でも、真っ先に座ろうとして椅子を探した。50歳なのに年寄りだ。コンパクトで、小さい折り畳み式の椅子でもあればいいのになあとその時はずっと思っていた。今は商品化されてあるらしい。海外旅行にツアーで行く高齢の人や、足腰の悪い人、体調の悪い人にはお薦めだ。

観光したところは、シャトル大聖堂、モンサンミシェル、フォンテーヌブロー城、ベルサイユ宮殿だ。モンサンミシェルは、すごく感動した。パリ市内からずっとバスで田舎を走っていたら、右手の平野の向こうにポツンと一つだけ異様にそびえ立つ山のようなものが見えてきて、それが近づくにつれて次第に大きくなっていき、山ではなく海の中の島の上に立っている、城のようなものだと分かった。

実際は修道院だが、当時の人たちはとてつもないものを造ったものだ。修道院を取り巻く格好で、住居や店舗やホテルなどが建っていた。一つの島が、街のような感じだ。我々が泊まったのはその本島ではなくて、そこから少し離れたホテルだった。

朝早く、ホテルからモンサンミシェル島に添乗員に案内されて歩いて行くというのがあったが、自分達夫婦は行かないで寝てた。行った人達は、霧がひどくて途中で戻って来たと翌朝の食事の時に聴いた。行った方が良かったかなあと思ってもいたので、後でその話を聴いて少しホッとした。

このフランス旅行は、モンサンミシエルに尽きる。あれを見ただけで満足だった。それくらいインパクトが強くて感動した。それ以外にも色々なところを観ているが、まずどこに行っても座ることが第一で、観ている余裕がなかったのか、記憶はほとんどない。

ということで血死の思いで旅行に行ったが、旅行の間は出血はなかったし、その後もなかった。いったい、あれは何だったのだろうと思うが、医者の言う通りストレスだったのだろうか。結果としては、思い切って旅行に行って良かったのかもしれない。