オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「足が有った、エリック・クラプトン」

f:id:yoisyotto:20190821070056j:plain
昨日ネットでニュースを見ていたら、「レイラのギター、1億円」という見出しで、”デュアン・オールマンがアルバム「いとしのレイラ」の時に弾いていたギブソン・レスポールのエレキギターが、米ジョージアで開かれた競売に出品され、驚きの約1億3300万円で落札された”という記事があり、こっちの方こそ驚いた。未だに「いとしのレイラ」も、デュアン・オールマンも忘れられていないのだ。

1974年10月末にエリック・クラプトンが初来日して武道館でコンサートを行なった。自分は学生でちょうど東京の飯田橋に下宿していた頃だったので武道館まで歩いて行ったが、確か20分くらいだったと思う。武道館の席は左斜め後ろ?で、クラプトンの後ろ姿しか見ていない。よくこんな席まで売ったもんだ。その時、「ギターの神様」には足があったと本気で思った。それくらいの夢の存在だった。小さい尻で、思っていたよりも貧相な感じがした。何といっても神様なのでものすごい威圧感があると思っていたが、見えるのは後ろ姿ばかりなので観たという実感がなく、思い出もそんなことしかない。

その数日後だったと思うが、お茶の水の駅前の通りを歩いていて楽器店のウィンドウの中をふと見ると、「エリック・クラプトンが使用したピック」と書いてクラプトンが実際にコンサートで使用したというピックが1枚置いて有った。注釈には「リハーサル後に、アンプの上に置いてあったピック」とか書いてあり、それを誰かが持って来たのだろうが、売り物にするのはどうなのかと思った。

確か1万円くらいだったと思う。学生には大金なのと、何か安っぽいミーハーぽい気がして買うのをやめた。しかし、その後も「買えば良かったかなあ」と思ったりもしていたが、数日後にそこを通ってウィンドウの中を見ると無くなっていたので買われたか、もしかしたら楽器店であまりにも節操がないと思って売るのをやめたのかとも思ったが、真相は分からない。

最初にクラプトンを聴いたのは、中学生の時に買ったビートルズのシングル「Ob-La-Di, Ob-La-Da」のB面に入っていた「While My Guitar Gently Weeps」での演奏だったと思う。むせび泣くようなギターサウンドとフレーズなど全てに感動した。これ以上の、曲に合ったギターは無いだろうと思った。

そういえば、ビートルズのアルバム「Abbey Road」に入っている「Something」のギターソロは間違いなくクラプトンが弾いていると、日本が誇るギタリストのチャーが言っているのを何かの雑誌で読んだことがあったが、あれは絶対にクラプトンの指使いでは無く、ジョージが弾いていると断言できる。何故、チャーほどのギタリストがそう思うのか不思議だ。とたいそうなことを言ってしまったが、間違っていたら御免なさい。チャー様。 <(_ _)>

それからクラプトンに興味を持って、クラプトンの初ソロアルバムの中の「EasyNow」や「Let It Rain」が好きになった。その後だろうと思うが、クリームの「Crossroads」が素晴らしいと思い、ギターもコピーしたりした。もちろん完コピは無理で、「Easy Now」も同様にコピーしたが、ホントにこんな風に弾いてるのかいなと思ってやめた。ギターはド下手なので無理ないのだが。 

ところで、この「Easy Now」はアコースティックギター2本で弾いているが、クラプトンともう1本はスティブン・スティルスの様だ。どおりで、オープンチューニングのような響きに聞こえた。と分かったようなことを書いてしまったが、間違っていたら御免なさい。<(_ _)>   

クラプトンのギター演奏ですごいと思うアルバムは、今でもずっと「Bluesbreakers with Eric Clapton」だと思っている。「ゴッド(神)」と言われていた頃の演奏だが、全てが完璧で素晴らしいと思う。もちろん大御所のブルースマンの曲のコピーばかりだが、それにしても凄まじくて神がかっていて原曲を超えたコピーと言ってもいいと思う。特にこのアルバムの中の「All Your Love」、「Hideaway」、「Steppin' Out」が好きだ。

しかし、この当時のライブ演奏でこのアルバムには入っていないが「They Call It Stormy Monday」は、もうぶっ飛んでしまうくらいのすごい演奏で完全にノックダウンされた。今聴いても、すさまじいとしか言いようがない。今でもクラプトンの最高の演奏だと思っている。それと「Crossroads」も。

ギターの神様としての演奏は、ここまでと思っている。後はアルバム「Layla」があるが、このアルバムでのギターはデユアン・オールマンが素晴らしい。リッチー・ブラックモアが、このアルバムはクラプトンのヴォーカルアルバムだと言ったそうだが、その通りだと思った。そして、デュアン・オールマンのギターアルバムだと思う。

「Nobody Knows You 」のヴォーカルが素晴らしく、デユアン・オールマンのスライドギターも素晴らしい。大好きな曲だ。この「Nobody Knows You」は、その後のアルバム「Unplugged」でアコースティック・バージョンもやっていたので嬉しかった。その他に「Bell Bottom Blues」も好きな曲だ。

その後、クラプトンが麻薬中毒でずっとひどい状態だったのを救おうと、ザ・フ―のピート・タウンジェントが主体になってコンサートを開き、アルバム「Rainbow Concert」を出したが 、クラプトンはその時はフラフラの状態でまともに演奏できる状態ではなかったようだ。しかし、このアルバムが何とも言えず好きで、クラプトンの演奏自体はパッとしないものの、それでも時々ハッとするフレーズを弾いていた。それと、何といってもやっと声を絞り出して歌っている弱々しいヴォーカルが、何とも言えずいい。

「Little Wing」のクラプトンのヴォーカルも良かったが、バックのリードギターもすごく良かった。恐らく、ロン・ウッドがクラプトンのヴォーカルと一緒に弾いていて、間奏でピート・タウンジェントやクラプトンもそれに加わっていると思うのだが、定かではない。この時のライブ映像が有れば是非見てみたいが、無いんですかねえ。

その後のアルバム「461 Ocean Boulevard」に入っていた「Please Be With Me」と「Give Me Strength」を好きになったが、クラプトンのスライドギターが素晴らしい。後で「Please Be With Me」の原曲をカウボーイというグループが演奏するのを聴いたが、デユアン・オールマンがスライド・ギターを弾いていて、クラプトンはこの時のフレーズをほとんどコピーして洗練させたものだと分かった。ブルースブレイカーズの時と同じだが、クラプトンはそういうのが上手い。原曲を超えるコピーは、それはそれで素晴らしい。

そして、その頃ライブでオープニングに演奏していたチャップリンの曲「Smile」を当時は、海賊盤(ブートレッグ)で聴いて好きになった。この後、この曲を色んなジャンルの人が演奏しているのをほとんど聴いたが、歌詞もいいし、曲も素晴らしい。クラプトンはこのようにスタンダードの美しい曲も多く取り上げていて、「Danny Boy」や「Over the Rainbow」など、自分も好きな曲ばかりだ。

アルバム「Unplugged」に入っていた「Tears in Heaven」は自分好みのいい曲だが、高層マンションの上から転落死した息子のことを歌った曲であまりにも悲しすぎるので、どうも聴く気がしない。ところで、この曲の間奏でリードを弾いていたサブのギタリストだが、ミストーンを出してないですかね。アルバム最初のインストルメントの曲「Signe」は、格好いい曲なのでコピーしようと思い頑張ったが、自分の腕ではなかなか難しかった。

「There's One in Every Crowd」という、確かクラプトンの愛犬の写真がジャケットになっているアルバムの中の「Better Make It Through Today」は久々のクラプトンらしい素晴らしいギター演奏だと思った。そして、最後に入っている「Opposites」は曲の盛り上がりとそれに乗って弾くクラプトンのギターが大好きで、今でもよく聞いている。ただ、今までのクラプトンらしからぬフレーズだと思っていたが、この曲のエンディングのギターの部分はクラプトンが自宅に持ち帰って何度も弾いたという話を最近の本で読んだ記憶があるので、かなり練ったフレーズだったのかもしれない。

という感じでクラプトンのことを色々と書いてきたが、記憶違いや勘違いで間違った記述をしているところも多分にあると思う。また、あくまでも独断と偏見の個人的見解ということで、御了承のほどお願い致します。<(_ _)>