オジサン NOW

還暦過ぎたオジサンのつぶやき

「足が有った、エリック・クラプトン」

f:id:yoisyotto:20190821070056j:plain
昨日ネットでニュースを見ていたら、「レイラのギター、1億円!」という見出しで、”デュアン・オールマンがアルバム「いとしのレイラ」の時に弾いていたギブソン・レスポールのエレキギターが、米ジョージアで開かれた競売に出品され、何んと1億3300万円で落札された”という記事があった。未だに「いとしのレイラ」も、デュアン・オールマンも、忘られていないのだ。

1974年10月末に、エリック・クラプトンが初来日して、武道館でコンサートを行なった。自分は学生で、ちょうど東京の飯田橋に下宿していたので、武道館まで歩いて行ったが、確か20分くらいだった。武道館の席は左斜め後ろ?で、クラプトンの後ろ姿しか見えなかった。よく、こんな席まで売ったもんだ。

クラプトンがステージに出て来たとき、「えー!足がある」と思った。バカみたいだが「ギターの神様」だからだ。神様に足があったと、本気で思った。それくらい、夢のまた夢という存在だった。小さな尻で、きゃしゃで貧相な感じがした。神様なので、すごい存在感や威圧感があると思っていた。見えるのは後ろ姿ばかりで、観たという実感もあまりなく、思い出すこともそんなことしかない。

その数日後に、お茶の水駅前の通りを歩いていて、楽器店のウィンドウの中をふと見ると、「エリック・クラプトンが使用したピック」と書いて、クラプトンが実際にコンサートで使用したというピックが、1枚飾ってあった。更に説明書きには「リハーサル後に、アンプの上に置いてあったピック」と書いてあり、それを誰かが持って来たのだろうが、売り物にするのは如何なものかと思った。

確か、1万円くらいだったと思う。学生には大金なのと、何か安っぽいミーハーみたいな気がして、買うのをやめた。しかし、その後も「やっぱり、買えば良かったか?」と考えていたが、数日後にそこを通ってウィンドウを見ると、無くなっていた。買われたかあと思って少し残念な気もしたが、仕方ないと諦めた。

この最初のコンサートのクラプトンは、結構酔っぱらっていたようで、日本の観客が欧米の観客と比べるとあまりも静かなので戸惑って、観客に悪態をついていたと、後で音楽雑誌で読んだ。しかし、この後、クラプトンは日本を気に入って、今まで何度も公演にきている。

クラプトンは後で、英国の記者のインタビューで、世界で一番最高の観客は日本だと言ったそうだ。最初は戸惑ったが、その内、日本の観客がジッと真剣に演奏を聴いていることに気づいた。「自分にとっては、最高のオーディエンスだ」と言っている。頭を振り乱して、踊り狂うだけが観客の姿ではない。さすがは、クラプトンだと惚れ直した。

今まで、色々な外タレのコンサートを見てきたが、中には、日本人の観客が「お前ら、何やってんだ!盛り上がれよ!」と言って、立ち上がって拍手をするように周りに叫んでいたのを見たことがあった。しかし、肝心のミュージシャン自身が困っていたし、「何も欧米の観客のマネをしなくても、日本人の聴き方があるのになあ」と思う。クラプトンは、神様です。