オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「タクシーが情報源!」

f:id:yoisyotto:20190820070713j:plain

昨日、久しぶりにタクシーに乗った。前の職場の先輩に誘われて夕方、駅前の焼き鳥屋で飲むためだ。自分の家からそこまでは、行きも帰りもタクシーでなければ行けない距離なので不便なのだが、実はこのタクシーでいい情報を集めることが出来る。

行きの運転手さんはまだ30代くらいなので人生経験もまだそれほどなく、面白い話は持ち合わせて いないというか客が喜ぶような話しをあまりしないので、色々と誘い水を向けても「ハア~」とか「ハイ」ばかりだが、その点40~60代の運転手さんは色々と話しかけると、返って来る話が多くて面白い。それでも行きの運転手さんに、「あれが、今度駅前に新たに出来るホテルですよ」と工事中の4階建てくらいの建物を教えてもらった。

飲み会を解散した後、自分と同年代くらいの運転手さんにその工事中のホテルの話を聴いたら小さな声で「ハイ」と言って黙ったので、これもダメかと諦めていたら小さな声で次々と話し始めた。「ここの市のスポーツ施設には水泳の飛び込み台が有って、他のところにはなかなか無いので大会がよく開かれるんです。それとその他にもテニスコートも野球場も立派なのがあるから大会で人が集まるけど、みんな泊まるところが無いと言っています」と言い、「それでそんな声が以前からあったから、こんなところにホテルが出来るんじゃないで しょうか」と小さな声で言った。そういうことなのかと感心した。

更に、そのスポーツ施設に行く途中に巨大で近代的な企業の建物があるのだが、運転手さんの友人がそこに勤めていて特別に中を見せてもらったことがあると言う。オートメーションの機械を作っている会社だと言っていたが、実はこの建物は自分も以前からすごいと思っていて、中はどうなっているんだろうと興味がすごくあった。「中に入ると、天井はもー高いってもんじゃないし、自動演奏のピアノまで置いてある。人もすごい数の人が働いているし、体育館だってある」と言う。自分が「そこでパートで働いて、中を見たい!」と言うと笑っていた。

更に、その運転手さんは札幌の中央区にあるNTTの地下を見たことがあると言う。以前、アルバイトで働いていた時で、「ものすごく広いってもんじゃないほどのスペースがあって 、その先はずっとトンネルになっていて光ファーバーとかの線が手稲の方まで繋がっているらしい。あんなにすごいのは見たことがない」と言っていた。

更に運転手さんは、羊ケ丘に有る普通は車が入れないところにこのタクシーで許可をもらって入ったことがあったが、そこもすごかったと言う。ただ、それが何という所かは忘れたと 言う。恐らく、札幌ドームの中に入る関係者専用の道路じゃないかと思うのだが。世の中には、我々一般市民が知らないようなすごいところがたくさんあるんですねと言って、タクシーを降りた。

いずれにしても、運転手さんにこちらから色々と話しかけると、仕方なく?色々な話をしてくれるので、非常にタメになることを得られる貴重な情報源だ。中には、話しかけるとうるさいなあと思ってるような運転手さんもいるので、注意しなければならないが、その時はピタッと話をやめて外の景色を見ることにしてる。

そういえば、かつてタクシーの運転手をやっていた友人がいたが、「見るからに怪しい感じの男が、人気の無い寂しい住所の行先を言った時の怖いこと!」と言っていたことを思い出す。それもあってか、時には運転手さんに怪しい人物に思われないようにと、色々と話しかけていたりもする。