オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「たいそうな名前の病気、原発アルドステロン症」

f:id:yoisyotto:20190817065631j:plain

NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」に救われた話を前回書いたので、その流れで書いてみた。これは腱板断裂手術の2年前の2011年の話になる。30歳頃からずっと高血圧の薬を飲んで治療をしていたのだが、50歳過ぎ頃からは薬を飲んでいてもなかなか血圧が下がらず、薬の量もかなり増えて行ったので疑問に思うようになった。

考えてみたらその時に通っていた病院は個人病院で先生の親類が隣りの院外薬局をやっていたこともあり、ちょっとしたことでもすぐ先生が「薬を出しておきます!」と言って薬を出すので、薬の山になっていたこともあって不信感も募って行くのをやめて、札幌市内の大きな病院に通うことにした。

丁度そんな時に、NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」で、”高血圧で薬を飲んでいてもなかなか血圧が下がらない人がいるが、それは副腎からホルモンが出過ぎているのが原因の場合があるので、病院で調べてもらった方がいい”というのをやっていた。それで新たに通った病院の先生にその検査もやってもらえますかと言うと、まずは簡単な血液検査で分かるというのでやってもらった。

その後、1ヶ月してからまた病院に行った時に先生に、「そういえば、あの検査はどうなりましたか?まあ、何ともないとは思うんですが」と聴くと、すっかり検査のことを忘れていたようで、急いで検査結果をパソコンの画面で見た先生が「いや、何ともなくないですねえ」と言う。数値的には副腎ホルモン異常の疑いがあるが、ハッキリと分かるにはカテーテル検査で検査入院をしなければならないと言うので、すぐ予約をした。 

その後、検査入院でハッキリと副腎ホルモンの異常が分かり、その病名は「原発性アルドステロン症」と言う、たいそうな名前だった。当初は担当の先生はこれは投薬で治ると言っていたのだが、数日してからその上の部長という先生が来て「色々な先生達と相談した結果、これは腹腔鏡手術をして片方の副腎を取った方がいいということになった」と言う。それまで担当の先生は投薬だけで治るとずっと言っていたので、驚きと同時に何か割り切れないものを感じ、夜中もずっと病院のベッドの中で眠れず考えていた。 

そして翌日、思い切ってセカンドオピニオンを受けようと決めて、部長にそのことを話して同じ札幌市内の更に大きな総合病院に今までの検査データを持って紹介状を書いてもらうことになった。予想通り、部長は怪訝な顔をして「これは私たちの見解で、向こうでは違う診断をするかもしれませんからね」と何度も言った。

そしてセカンドオピニオンの病院で再度診てもらったら、「原発アルドステロン症は手術をしても効果がほとんど無いことが分かっているので、手術は必要ないです。投薬で治りますよ」と簡単に言うので、「え?前の病院では手術をした方がいいと言われたんですが」と言うと、先生は驚いた顔をして「でも紹介状にも、手術は必要なく投薬で治療すると書いてありますよ」と言うので呆然としてしまった。そんなことがあるのだろうかと、信じられない気持ちだった。

その後色々と考えてみたが、当時は腹腔鏡手術が盛んな時で、調べてみると前の病院では副腎の腹腔鏡手術の実績が無かったので、もしかしたら新たな手術の実績を付けるということと、初めての手術としての実験台ということだったのかもしれないと考えたりした。もしそうなら、本当にひどい話だ。

それ以来、その病院には2度と行かなくなり、それ以来ずっとセカンドオピニオンの病院で紹介してもらった地元の病院で原発アルドステロン症の薬をもらって、朝2錠と高血圧の薬も朝2錠飲むだけになった。それまでは何種類もある山ほどの高血圧の薬を朝晩と飲んでいたのに、たったそれだけで服用してすぐ劇的に血圧が下がって、それ以来ずっと正常値になっている。どんな薬にも副作用がある。少しでも減ると有り難いことだ。

自分が病院の言うことを100%信用できなくなったのは、この出来事や先の記事で書いた腱板断裂の時のことなどが背景にある。だから、ほとんどの場合は病院の先生の言うことに従うが、それでも全てを鵜呑みにするのではなく、自分の病気に対する知識を自分で詳しく調べておこうと思うようになった。「医者を選ぶも寿命のうち」という言葉もあるが、その病気の医者についても病院についても、かなり詳しく調べるようになった。ということで、この2年後の左肩腱板断裂の時も、NHKの「ためしてガッテン」様に救われました。ありがとうございました。<(_ _)>