オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「術後が大変!左肩腱板断裂」

f:id:yoisyotto:20190815095010j:plain

2013年の冬に物置の屋根の雪下ろしをやっている時に、急に左腕がダラーンという感じで力が入らなくなった時があったので、その時に腱板が断裂したのだと思う。ただ、その時は腱板が断裂したなど思いもしなかった。その後、少しずつ肩が痛くなって来たのでこれは五十肩かなと思ったりして、五十肩の改善法をネット で調べてストレッチをやっていたのだが、それでも良くならなくて益々痛んで行ったので近くの整形外科に行った。後で考えてみると、肩の筋が切れた状態だったのだから、五十肩のストレッチなどやって、更に悪化させていたのかもしれない。

そこの病院ではレントゲンを撮られて診察結果は「五十肩」と言われて、その後はその病院のリハビリ―室でストレッチといういことになったので、少しの間通ったがあまり良くならなかった 。このストレッチもマズかったんじゃないのだろうか。

その後も、痛みが増して来たのでもっと大きな札幌市内の評判の良い整形外科を調べて行くことにしたのだが、その前にNHKテレビの「ためしてガッテン!」という番組を見ていたら、ずっと五十肩だと思って湿布や薬などを飲んだりストレッチなどをしても痛みがおさまらず、病院でよく診てもらったら腱板断裂と分かったというのをやっていた。

普通はレントゲン検査だけで五十肩と診断されることが多いのだが、腱板断裂はMRI検査でないと分からないそうだ。ずっと五十肩だと思っていた人が、実は腱板断裂だったということが結構あるそうで、番組の中で「先生には言いづらいかもしれないが、MRI検査をやって欲しいと言ってやっても らった方がいい」と言っていた。

そしてその評判の良い病院で診てもらったら、やはりレントゲン検査だけしてその日に結果が出て「五十肩です」と言われた。それで、「MRI検査もしてもらえないでしょうか?」と思い切って言ってみたら、すぐMRI検査が出来るというのでその日の内にやってもらい、検査結果は後日ということになった。数日後に結果を聴きに行ったら、今度は「腱板断裂です」と言われた。

まったくもって何と言ったらいいのか。こちらからこうして調べてくれと言わなかったら、全然違う診断をされていたのだ。筋が切れているのに、湿布薬をもらって痛み止めの薬をもらい、五十肩のストレッチをするということになっていたはずだ。ホントに「ためしてガッテン」様様だが、実はこの「ためしてガッテン」には、前にも救われたことがあったが、それはまた別の機会に書くことにする。

それから、腱板断裂の手術で有名な病院を調べたらその手術の権威という先生がいて、その病院も自宅から比較的近いところに有ったので決めた。手術自体はすぐ終わって退院も4日後でリハビリは手術の翌日から始まり、手術したばかりで動かしても大丈夫なのかと不安だったが何ともなかった。

と、ここまでは順調に終わったので喜んでいたが、これからが大変だった。というのは、昼寝でも夜寝る時でもそうだけど、とにかく横になって寝ようとすると手術した肩がひどく痛んで寝られなく、先生に聞いたら「これは原因が分からないんです」ということだった。それで仕方なく昼も夜も机の前の椅子に座って足を足台に伸ばして寝る、ということを何と2ヶ月間ずっと続けた。その間は一切布団で横になって寝ていなかったので、寝た気がしなかった。

経過観察の診察でこの病院に来た時に待合室で待っていたら、後ろの席で病院のパジャマを着て座っている自分と同い年くらいの男性が、隣の人と話しているのが聞こえた。「片方の腕が腱板断裂で手術してやっと治ったと思ったら、今度はもう片方も腱板断裂でまた手術だよ」とウンザリしている様子だった。聞いていてこんな人もいるのだなあと思い、片方だけでもこんなに大変なのになあと同情した。リハビリは半年ほど通った。今はまったく痛みもないし、痺れもない。