オジさん NOW

還暦過ぎたオジさんのあれこれ

「2回目のサイクリングロード」

     f:id:yoisyotto:20200731073938j:plain    f:id:yoisyotto:20200731074013j:plain
「自転車の駅」から、今回で2回目のサイクリングロードを走って来た。今度のコースは、エルフィンロードという北広島と厚別の境目まで行き、それからまた「自転車の駅」に引き返して、北広島駅の方に向かうというコースで行ってみた。厚別区域から白石方面は平日でも混雑していて、ゆったりと走れず、人が多いのは何でも苦手なこともあり、今回のコースが自分には一番いいようだ。

ということで、まずは厚別方面に向かって走ったが、相変わらず人が多くて、頻繁にすれ違ったり追い抜いたりする。今までは郊外の普通の道路を車で走っていると、ロードバイクを乗る人や普通の自転車に乗っている人達にたまに遭遇すると、特に道路が狭いところなどは非常に危険で、少しでも車と接触すると大事故になるので、他のドライバーもみんなかなり注意している。

「しかし、ロードバイクの人は、よく、こんな道路を走ってるなあ。それで楽しいのかな?」といつも思っていたが、今回このサイクリングロードを走ってみると、車はいないが人がとにかく多くて、これなら一長一短かなと思って来た。多くの、向こうに走ったり歩いている人、向かって走って来たり歩いて来る人、自転車も同じで、前方に人がいないことがほとんどない。

ところで、終点の北広島駅まで行ってみたがよく分からず、その時にヘルメットを被りスポーツ・サングラスをかけて、上から下までビシッと決めているロードバイクに乗った男性に、「ここが終点ですか?」と聴いてみた。それから、ベンチに2人とも腰掛けて色々な話を30分以上もしたが、この人は69歳で自分より4つ年上で、ピシッとしたウェアを着ていて、その引き締まった胸や脚の筋肉が太くて盛り上がっていて、惚れ惚れするような体だった。昔、登山やロードバイクやスキーなどをやっていたそうだ。自分のようなインドア派とは違うわけだ。

時々、スポーツ・サングラスの隙間から真っ白になっている眉毛が見えて、やはり69歳なんだと思ったが、それでも69歳でこれならすごいなあと感心していたが、昔大腸を摘出する大手術をしたと聴き驚いた。その他にも白内障とか色々とやってるんですよと言っていたが、それでこれなのだからすごいと思った。自分にはとても真似の出来ないことだ。定年退職してから、ずっと家に引きこもっていたが、これではダメだと思って、昔取った杵柄で、一昨年からまたロードバイクを始めたそうだ。

自分もまだまだ大丈夫かと思い、別れてから帰路を頑張って走っていたら、自分よりもずっと後から走って来たはずのこの人が、颯爽とした姿でサーッと自分を追い越し、「お先に失礼!」と言って、風のように去って行った。「カッコイイー!ニクイ、ニクイ!」と思って、自分もいつか誰かをサーッと追い抜いて、こんな言葉をかけてみたいと思った。

しかしそのすぐ後で、その人はカッコいいロードバイクと、いかにもという格好をしていたが、自分は女性用の少し小さ目のママチャリでサドルも低く、「ギーコー、ギーコー」と必死に漕いでいる姿や、普通の短パンとポロシャツの姿を思い浮かべて我に返り、無理だなあと諦めた。

その後、「自転車の駅」に着いたら、その人もスポーツドリンクを自販機で買って休憩していた。傍に停めてあった素晴らしいロードバイクの価格を聴いたら、ネットで中古のボディだけを買って、タイヤとかの他の部分は自分が前に乗っていたのと組み合わせたそうで、「全部で、22万円くらいかな?」と言っていた。ゲゲゲー!自分は、1日300円のレンタル・ママチャリで充分だ。

「姉からもらったウクレレ」

f:id:yoisyotto:20200728080228j:plain

姉からもらった「コアロハ」のテナー・ウクレレ

先日、姉が持っていたウクレレの1本のトップ板にヒビが入ってしまったので、要らないかと言われたのでもらった。大きなヒビではないが、上からただ普通の接着剤を塗った応急処置をしたようで、その部分だけ塗装が剥がれた感じになっている。ヒビの隙間は、ほとんど見えない。音を出してみたが、音的にはそれほど変わりはないように思うが、今まで自分が持っていた5万円以下のウクレレの音色とは次元が違った。「これぞ、ウクレレ!」という音がして、音量もある。

Ko'ALOHA (コアロハ) というハワイの有名メーカーのもので、テナー・ウクレレだ。今回のウクレレの材質は、トップとサイドとバックの材料はコア材だと思うが、作りはすごくシンプルでボディの縁取りのバインディングが一切ない。見栄えは豪華ではないが、「ウクレレは、バインディングが無い方が音はいい」という話を聞いたことがあるので、音質重視なのだろう。そして、トップ材を見てみるとかなり薄い。これも、音を良くするために薄くしているようだ。それもあって、割れやすいのかもしれない。

このウクレレは、定価が15万円くらいの高価なもので、姉が数年前に知り合いの人から中古で5万円で安く譲ってもらったそうだ。今回、修理に出すことも考えたそうだが、買った価格に近いくらいの修理代がかかると思って修理は止めたようだ。実際に自分もネットで調べてみたら、youtubeでトップ板の割れ修理と、ブリッジの整形をメーカーで実演している作業動画があったので見てみた。

この時のウクレレは、恐らく20~30万円はすると思われる高価なウクレレで、またそうでなければザッと見積もっても5万円以上はかかるだろうという修理代を払ってまで、直そうとは思わないだろう。この動画を見ていたらトップの塗装をすべて剥がしているので、これは相当修理代がかかると思った。それから、割れの部分を修理していくのだが、割れがひどくならないように、割れている裏側に薄くて小さな木片の補強材を2枚ほど接着して、割れている隙間には周りの色と合う木材の粉を混ぜた接着剤“タイトボンド”を充填していた。

そして、その後に塗装を行っていたが、塗装は下地の塗装から始まり、日を置いて5回以上塗り重ねて行く作業が続くので、手間がかかる。しかし、仕上げは新品同様になる。ブリッジの整形は、ブリッジをトップ材から外してブリッジを整形して、そしてまたブリッジをトップ材に貼り付けるという作業で、これら全てが終わるのは、1ヶ月から2ヶ月だそうだ。肝心の修理費用は、全部で5万円ということで、自分が予想した7~8万円より安かった。アコースティック・ギターよりも、塗装面が半分くらいと小さいこともあるかもしれない。

ということは、自分のウクレレの場合だと、程度にもよるがブリッジの整形はなくてヒビ割れだけの修理で、トップ板全面の塗装を剥がさなくても、割れ部分周辺だけの塗装をやってもらうことは出来ないのだろうかと思っている。確かに、一部分だけの塗装になると、周りと色が合わなくてムラになる可能性もあるが、費用的にはかなり違うだろう。今後、金に余裕が出来たら、修理に出してみようかと考えてもいる。ウクレレで定価が15万円というのは、かなり高級だと思うので「一生モノ」にしようと思っている。

「昨日観た、NHKのテレビ番組」

f:id:yoisyotto:20200725090858j:plain
普段はそれほどテレビは観ないが、それでもダラーっとただテレビをつけている時がある。そうしていたら、NHKのテレビ番組で、日本の城の画像が出たので「おっ!」と思って、途中からだが観てみた。午後7時半からの「日本最強の城スペシャル第6弾」という番組だった。これを観ていて、日本にはこんないいところがあるんだなと思い、いつか城巡りをしても面白いかもしれないなと思って観ていた。もちろんそのときは、その城の歴史を結構調べてからだ。歴史を知っていると、楽しさは数十倍にもなる。

それにしても、司会の恵俊彰は昼のワイドショーでも司会をしていて慣れているのだろうけど、進行が上手だと思った。面白可笑しく進めながらも、それでいて本筋からぶれない。それが、その数時間前にエアロバイクを漕ぎながら、録画したNHKの「逆転人生」というのを観ていた。今回は、見ごたえのある素晴らしい内容だったが、番組の方針なのかもしれないが、あまりにも可笑しくしようという司会の山ちゃん?の進行が、そちらの方にばかり行ってしまって本筋がおろそかになって、これはダメだと思った。

最後に、真剣そうなコメントを言っていたが、それもお決まりの、あまりにも軽いもので、何から何まで番組に来ていた話の主人公に対してすごく失礼だなあと思った。毎回録画して観ているが、今回のはひどかった。こんなのが続いたら、もう観るのは止めようと思っている。そんなこともあって、尚更、恵俊彰の上手な司会ぶりが目についた。

その後、やはりNHKの午後9時からの「聖なる巡礼路を行く~カミーノ・デ・サンティアゴ~」を途中から観たが、これがまた素晴らしくいい番組だった。サブタイトルには、「キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅“サンティアゴ巡礼”。フランスからスペインにかけて、自身の内面と向き合う巡礼者たちの感動の物語」と書いてあったが、その通りだった。自分も腰を悪くする前は、四国の八十八か所の巡礼の旅を夢見ていたことがあったが、この“サンティアゴ巡礼”の巡路は、ものすごく壮大で美しかった。

80歳以上の人や20代の若い人や、色々な人達が巡礼の旅をしていた。41歳の日本人女性も一人いて、驚いた。自分の歳以上の中高年の男性に「なぜ、この旅に来たのか?」とインタビューしたら、「あらゆるものから自由になるために」とか、「自分を知るために」とか言っているのを見て、やはりみんな同じなんだなあと思った。何歳になっても、高齢になっても、生きる意味や心の安息を探しているのだろう。その気持ちは、自分にもよく分かる。これを観ていて、自分も何とか腰を治して死ぬ前に巡礼の旅をやってみたいと思ったりした。

60代の父親と30代の息子の2人のペアもいた。終点に着くと、父親はこの旅に誘ってくれた息子に感謝をして、感激してずっと泣いていた。息子は、いずれ自分の子供とこの巡礼の旅をしてみたいと言っていた。息子はこれからまだまだ先があるので冷静だが、人生も終点に近づいている父親にとっては、とても感慨深いものがあっただろう。自分もつい、もらい泣きをしてしまった。歳を取ると、涙もろくなってしまう。

これを観ていて、もし自分が長生き出来て、孫二人も大きくなっていて、その時にもし孫が何かにつまづいて悩んでいたり、挫折しそうになっていたら、この巡礼の旅に誘って、一緒に歩いてみたいと思ったりした。俳優の三浦春馬が亡くなった。誰しも、心の中に大きな闇を抱えている。ただ、ちょっとしたことで、その闇に薄っすらと光が射してくることもある。その、ちょっとしたことを体験させてやりたいと思ったりする。しかし、まず自分だ。腰を治して、四国八十八か所の巡礼の旅に出ようか。無理かな。

「三種の神器」

  f:id:yoisyotto:20200723083307j:plain
まず付箋紙だが、文房具店で探してみたら従来の紙のもあるが、ナイロンというのかペラペラの薄いフィルムのような付箋紙が多くあったので驚いた。こんなものが付箋紙の替わりになるのだろうかと半信半疑だったが、何種類か買ってみて使ってみたら、これがすごくいい。

フニャフニャとした柔軟性があるので、紙の付箋紙のように折れ曲がったりしないし、本を読み進んで何度貼り替えしても粘着力が落ちない。それとかなり薄いので、本に挟んでいても違和感がなく邪魔にならない。もう、紙の付箋紙には戻れない。優れものだ。

次は、消すことが出来るボールペン「フリクション」だ。自分は日記帳兼予定表をもう8年間書いていて、予定を書き込んだり、その日あったことや色々なことを書き込んでいるが、間違えて書いたり、後で訂正することがかなり多く、普通のボールペンでは修正した跡が汚くなってしまって、見栄えがひどく悪くなっていた。

それが、これに替えてから、修正する箇所をボールペンの頭についているプラスチックのようなものでこすると、かなりキレイに消すことができるので、今までのように汚くて見栄えが悪くはなくなった。これも優れものだ。日本国内だけでなく、世界的に大ヒットしているらしいが、それもうなづける。

最後に、ウェットティシュだが、これはもう数年前から使っていて、今回のコロナウィルスではさらに使うようになったが、今までも頻繁に使っている。自分は間食中毒なのだが、果物も大好きでスイカとか伊予かんとかを食べる時は、まず食べる前に手を拭いて、食べているとすぐ手が濡れて汚れるのでまた拭いてと、とにかくウェットティッシュの出番が多い。それと、菓子類を食べる時も、手が頻繁に汚れるのでかなり使う。

というように、自分の場合は間食が多いので、無くてはならないものになっている。それ以外にも、机が汚れたりディスプレイや周りの器具がホコリなどで汚れていても、このウェットティッシュでサッと拭き取ることが出来るので重宝している。ということで、今はこれら3種の神器をフルに活用している。

「北広島から、サイクリング・ロードを走った」

f:id:yoisyotto:20200721183425p:plain

平日に、北広島市の「自転車の駅」というところで、1日300円のレンタル自転車を借りて、終点の白石にある札幌コンベンションセンターまで続くサイクリング・ロードを走ってみた。以前から、このサイクリングロードには興味があったが、どこからどう走るのか分からなくてずっと調べていたが、なんと以前から何度も車で通っていた裏道の途中に入口があった。小さな表示板と狭い道路に入って行くため、分からなかった。そこには、パークゴルフ場もあったが、かなり長いビニールハウスが2棟もあり、変わったパークゴルフ場だ。

ということで、早速「札幌コンベンションセンター」に向かって走ることにした。北広島の区域の間はずっと林というか、山の中という感じだったが、30分ほど走ってから厚別や大谷地の区域に入ると、急にアパートやマンションや団地の間を走るようになり、大きな橋や道路を横断したりして、すっかり街中を走る感じになった。それにつれて、自転車に乗っている人だけでなく、散歩している人やジョギングしている人が段々と多くなり、かなり賑やかになっていった。

その辺の団地やアパートやマンションから、どんどん人が出て来るのだから多くなるのも当然だが、犬を連れて散歩している人達も多くなってきて、車が走っていないだけの公道という感じだ。後ろからビュンビュン飛ばしてくる自転車も頻繁に追い越して来るので、後ろを何度も確認しなければならなくて、追い越される時は前から歩いて来る人や自転車にも注意しないと危ないので、すごく気を使った。平日だったので、自転車で通勤や通学する人も多かったのだろうか。

それで、今回初のサイクリング・コースだったが、行く時に1回と帰る時に1回、派手にこけた。1回目は橋の工事をしていて、自転車を降りて歩いて渡ってくれというので、止まって降りようとしたら、バーンと頭から前方にこけた。誘導員のオジサンは「大丈夫ですか?」と言ってくれたが、他の通行人は知らん顔だった。都会の人間は冷たい。田舎の人間なら、うるさいくらい「大丈夫かい?」と言って来る。

それまでずっと休みなしで、札幌コンベンションセンターまで何んとか走れそうだと頑張っていたので、やっぱり体に限界が来たのかと思った。それでも、何とかそのまま終点まで行って折り返して、こけた橋をまた過ぎてから、もうそろそろ休憩をしないとマズいかなと思った。すると左手に、地面から2段ほど低いところに固定されたベンチとイスが何個も置いてある休憩所があったので、そこで休憩しようと思った。

自転車を停めて降りようとしたら、またもそのまま左側のベンチに体ごと落下していき、ベンチの縁に思い切り左腕からドーンとぶつかっていった。しばらく、そのまま倒れて動けなかったが、何んとか起き上がると頭の中がボーっとなって意識朦朧となり、体も急に鉛のようにズシッと重くなって、そのまま10分ほど座って休んでいた。想像以上に疲れているのと、老衰して体がもう思うように動かないのだろうかとショックだった。

この時も、向かいから歩いて来ていた子連れの若い奥さんがいたが、知らん顔していた。こんな親だから、子供もそうなるのだろう。田舎の人間なら、しつこいくらい「何ともないか?」と聴いて来る。都会の人間の冷たさを思い知らされた。「今度、あんたが倒れたりしても、俺は知らん顔して通り過ぎるからな!」と思うが、自分は田舎の人間なので自転車を停めて「大丈夫ですか?」と言うのだろう。

それから、勢いよくぶつかった左腕の痛みはそうでもなかったが、今度は左胸の辺りがジンジンと痛み出して来た。左腕にぶつかった後に、左胸からぶつかったのでかなりの衝撃があったようだ。それから段々と痛みがひどくなってきて、昼飯を食べて休憩した後も、ますます痛みがひどくなり、少し左胸の辺りを動かしても、咳をしただけでもひどく痛んだ。それで、地元の整形外科にすぐ行くことにした。骨にヒビが入っていたり、骨が折れていたりしたら厄介だなと思った。

レントゲンを撮ってから、高齢の先生は「レントゲン写真を見る限り、折れてはいないようだが…」と言うので、自分が「あー、良かった!折れてないんですね?」と聴くと、「いや…、レントゲンでは折れてないように写っていても、小さいところが折れている場合もある…」とボソボソ言ってハッキリしない。結局、胸部固定帯というのを胸に当ててくれて、ロキソニンの痛み止め錠剤と湿布薬をくれた。

今回は、開場の朝9時に出て札幌コンベンションセンターの手前まで行き、折り返して来て「自転車の駅」に戻って来たのは、昼11時半頃だった。帰路に休憩を15分ほど取ったが、それ以外はずっと乗り続けていたのだけど、結構な時間がかかった。しかも、疲れ果てていたので、当初の予定の北広島方面には行かず、やっとの思いで「自転車の駅」にたどり着いて、今回はここまでとした。

次回からは、北広島地区の林が途切れる端まで行って折り返し、それから元来た「自転車の駅」を過ぎて北広島駅まで行って折り返し、また「自転車の駅」に戻るというコースが、自分には良さそうだ。エルフィンロードの端から端までということか。賑やかで、人が多過ぎる市街の方はもういい。ゆったりとした気分になれないし、かえって気を使うので、もう行くのは止めた。

ところで、最後に「自転車の駅」に到着して、自転車を降りようとして或ることに気づいた。また、こけそうになったのだ。そして、原因が分かった。後ろの荷台が横にかなり広がって大きいので、右脚を後ろにまわして降りようとすると、右脚が荷台に引っかかるのだ。

なんと、2回もこけた原因はこれだった。「バカモーン!荷台を小さくせんかい!自転車から降りる時に前側から降りる、オバサン降りなんか出来るかー!」と言いたいが、オバサン降りに慣れよう。しかし、そんなことで2回も人前でこけて、しまいには負傷したんだから、まったくなんと言っていいのか。でも軽傷で良かった。まだ胸は痛むが、またいつか行ってみよう。

「ギターアンプを買っちゃった」

f:id:yoisyotto:20200719082639p:plain

VOX/MINI5 Rhythm IV

        

 f:id:yoisyotto:20200719102851p:plain

以前、中古で買って持っていた「50W出力コンボアンプBOSS / KATANA-50」というのを売って、小型の「5W出力 自宅練習用アンプVOX/MINI5 Rhythm IV ¥12,690円(税込)」を買うことにした。今まで持っていたアンプは 、大きさが「W47xD23.8xH39.8cm / 11.6kg」もあって、結構大きくて場所を取り、しかもこの出力で音を家で鳴らすことは無い。それで、もっと場所を取らなくてコンパクトで、自宅練習だけなので大音量など出なくてもいいのにした。明日、届く予定だ。

今回購入したアンプは、「W27×D18×H26cm/3.5kg」と前のギターアンプよりも、かなり小さいサイズで重さも前よりもかなり軽い。出力も50Wが、5Wと10分の1になったが、これでも自宅でフルの音量で鳴らすことは、まずないだろう。コンパクトサイズなので、机やテーブルの上に置いて、耳の高さで音が聞こえるのもいい。このアンプには、リズムマシーンも付いていて、その中にJAZZというのがあるのも気に入った。8種類のエフェクトも付いているのでいい。別のエフェクターを、ギターとアンプの間に一つ挟むという面倒なことをしなくてもいいし、リズムマシーンも付いていて全て1台で完結しているのが、一番気に入った理由だ。年寄りには、シンプルなのが一番だ。

本当に欲しかったギターアンプはあったが、それはまたいつか先のことだ。「ROLAND / BC-HOT-VB Blues Cube Hot / Vintage Blonde」は、実は以前持っていたことがあった。これが実に驚くほどいい音で、価格は6万円くらいだった。真空管アンプのような、つややかさがあった。それと、「ROLAND / JC-22 Jazz Chorus」というアンプで、価格は4万円くらい。ジャズギターとの相性は抜群の、ジャズコーラスというアンプだ。ローランドのコーラスというエフェクトは、独特のクリアーさと透明感があって気持ちがいい。いつかは、このギターアンプも揃えたいところだ。ギター演奏の腕前が上がってからと思っているが、一生上がらないかもしれないので、どうなる分からない。

「欲しいセミアコースティック・ギター」

f:id:yoisyotto:20200716072553p:plain

EDWARDS ( エドワーズ ) E-SA-160LTS

f:id:yoisyotto:20200716074923p:plain

IbanezAS93FM-TCD

f:id:yoisyotto:20200716074509p:plain

Ibanez AM93ME-NT

まず、「EDWARDS ( エドワーズ ) E-SA-160LTS」で、価格は税込みで¥132,000円と高い。と言ってもギターは高いので、この価格だと中級以下だろう。上は、30万も40万も軽くする。このギターの何がいいのかと言うと、ボデイが安いギターは合板だが、このギターはメイプルという木の単板を削って作っている。普通ギターは、合板のものは安価なギターに使われ、単板は概ね中級以上のギターに使われる。ということで、この価格のギターで単板というのはちょっとないということだ。アコースティックギターだと、合板と単板のギターの音はかなり違うので、恐らくこのセミアコ―スティック・ギターもそうだろうと想像する。

どんなに技術的に上手く作っても、元の素材に勝るものはないとも言われているので、素材のいいこのギターに目を付けている。それと、このギターを製作している「EDWARDS」だが、日本の有名なギターメーカー「ESP」の中級クラスの価格帯用のブランド名らしいので、製作技術も確かだと思う。しかも、ギターの心臓とも言うべきピックアップには、有名な専門メーカーの「セイモア・ダンカン」が搭載されている。ちなみに、自分の持っているストラトタイプの唯一のエレキギターのピックアップも、「セイモア・ダンカン」に取り替えている。

このギターは、単板のボディといい、ピックアップといい、非常に魅力があるが、当方の経済力では非常に難しい価格なので、数十階の高さのある清水の舞台から飛び降りたつもりで、数十回のローンを組んで買うしかない。それを考えると、もっと安い合板製でも、タケシ軍団の一員の名前みたいな「セイモア・ダンカン」のピックアップでなくてもいいんじゃないか、音も多少悪くたって初心者なんだから、見栄えが良ければいいんじゃないかという気もしている。

セミアコで評判のいいメーカーがある。「Ibanez(アイバニーズ)」だ。このメーカーのセミアコやフルアコを、ジョージ・ベンソンやジョン・スコフィールド、リー・リトナーと言ったジャズ界の有名ギタリストも使っている。もっとも当然、最上位機種で高価だが、そのノウハウは下位機種にも引き継がれているだろう。イバニーズのセミアコは、形も他のセミアコと少し違って格好がいい。それと、弾きやすいように少し小ぶりな機種もある。

外観としては、糸巻きやピックアップなどに金のパーツを使っていると豪華で質感もあって、すごくいい。「IbanezAS93FM-TCD¥82,500円(税込)」は、金のパーツを使っているので、見栄えがいい。この下のランクの「AS73-TCD」だと¥55,635円(税込)と安くなり、各パーツが金ではなくシルバーになるので少し安っぽくなる。しかし、上記の「EDWARDS」のギターも、シルバーなので、この辺が音を取るか外観を取るか、という選択になる。

「Ibanez AS93FM-TCD」は、本体の色がレッド系だが、マッカーサーエボニー材をボディ材に使った「Ibanez AM93ME」と同じシリーズの「Ibanez AM93ME-NT」は茶系統で、金色のパーツとすごく合っていて、見栄えはすごくいい。音を取るか見栄えを取るかという選択になるが、一生モノということを考えると、多少無理をしてでもいいものが欲しいという気持ちもある。ただ、今の自分にとっては高価なものなので、簡単に手に入るものではないので、当分は品定めをして楽しんでいよう。 今は練習して、少しでも弾けるようになろう。